準備不足のイタリア旅行。ツアーだからといって安心してはいけない。

“2015年の夏、新婚旅行でイタリアへと行きました。私は修学旅行や家族旅行と合わせ3回目、主人は初めての海外旅行でした。

とはいえ、添乗員同行のツアーですし事前に食事ができる場所もきちんと調べ節約も兼ね、泊まるホテルの近くにあるスーパーも調べ・・・。

完璧でしょ!と思っていました。

さて当日です。比較的成田空港までアクセスの良い場所に住んでいるとは言え前泊をした上で到着。

カウンター前にて添乗員さんや同じツアーの方とお会いし説明を受けチケットを渡され搭乗開始時間まで解散となりました。

およそ1時間はあり、私達はカードの付帯サービスとしてあった空港ラウンジの利用でゆったりとした時間を過ごして。

そろそろ行きましょうか、となり向かったところ「あれ、空いている」がまず出てきた感想です。

焦りました。カウンターがどこも空いている。そして私達を呼び出すアナウンス。

慌てて職員の方に声をかけると私達以上に大慌てでした。

「走って!!」凄い距離を全力疾走です。

私達の確認の薄さか、時間が早まったのか(おそらく前者です)離陸時間ギリギリでした。どうにか搭乗できたものの着席までがきまずい。

その後無事イタリアへと到着し、観光中はトラブルもなく・・・とは行きませんでした。

大きなものではないのですが、簡単に羅列すると「道に迷い22時を過ぎて暗い幹線道路や路地をホテルまで15分以上歩く」

「チップの必要性を理解しておらず小銭がない!対処法も知らない!」「予定していた食事場所がない。東洋人に声をかけられた、日本人?

お勧めの店があるよ?え、付いて行っても大丈夫?」という状況です。

主人は簡単な英語の読み書きは出来、助けられた面もありますが、正直なところ添乗員つきのツアーという安心感から下調べが

おおいに不足し、十二分に満喫はできませんでした。

また次、海外に行く機会があれば今度こそしっかりと調べ尽くしたいと思っています。”