炎と氷の国「アイスランド」で触れた大自然の美しさ!

アイスランドってどこ?って思う方は意外と多いかもしれません。自分も最初はそうでした。イギリスから北に一時間飛行機で行った所にアイスランドはあります。氷河と火山で有名な国です。 当初の目的としては、“オーロラ”を見ることだったのですが思いがけず様々な自然の姿に触れることが出来ました。2月に友達と行きましたが当然ながら真冬のアイスランドは寒く、マイナス5℃でした。意外とめっちゃ寒いって感じではなかったですが、寒いものは寒いです。首都レイキャビクにある教会の展望台から街を一望すると、そこは雪景色。おまけに日本ではなかなか見られない氷河が広がっていました。本当に当たり一面真っ白で、だけど空と海の青さが澄んでいて美しかったです。夜になると、お目当てのオーロラツアーです。バスに乗って山の頂上まで行くのですが、真夜中の山の中、死ぬほど寒かったです。バスから降りて、空を見たら星空でした。これは本当に感動しました。ちょっと待ったらオーロラも現れて、意外と黒くてビックリでしたが貴重な経験をしました。アイスランドで見る光景は全てが美しく、是非また行きたいです。